選べる下剤

選べる下剤とは?

大腸カメラ検査を受ける際には様々な不安要素があるかと思います。
そのひとつに「下剤服用」に関する不安があるのではないでしょうか?

当院では、患者様に安心して検査を受けていただけるよう「下剤服用」の工夫を行っています。

具体的には、
①下剤の種類 ②下剤服用の場所 ③下剤の飲み方を、ご要望に合わせて選ぶことができます。

選べる下剤とは?

カスタマイズにあたっては、医師の指示のもとで一緒に決めることが出来るので安心・安全です。下剤が理由で初めての大腸カメラ検査を受けることに不安や抵抗を感じていたり、過去に内視鏡検査で苦しんだ経験をされた方にとってお勧めです。
まずはお気軽にご相談ください。

下剤の「種類」

当院では、患者様に安心して内視鏡検査を受けていただくために、下剤を選択できるようにしております。少しでも患者様のニーズに応えられるような体制づくりを行っています。

当院で選べる下剤は3種類です。
下剤の特徴は「洗浄力」「味」「飲む量」「飲み方」に区分できます。

下剤の種類 洗浄力 飲む量 飲み方
モビプレップ 1.5L
マグコロールP 1.5L
ビジクリア 錠剤 50錠

モビプレップ

最もスタンダードな下剤です。「味」「内服量」「洗浄力」のバランスが良く、下剤としての総合力が最も高いと言われています。水に溶かして飲むタイプで、味は梅ジュースのような味です。

マグコロールP

水に溶かして服用する下剤で、味はスポーツドリンクに似ていて飲みやすいです。洗浄力についてはモビプレップには劣るものの、「味と洗浄力のバランスの良い下剤」という特徴があります。過去に下剤で苦い思いをされた患者様にとっては、服用しやすい下剤となっております。

ビジクリア

錠剤タイプの下剤です。服用方法は、ビジクリア50錠+水1Lを服用していただきます。錠剤なので下剤の味を感じることがありません。そのため「下剤の味が苦手でどうしても飲めない」という方や、「錠剤+水であれば飲むことができる」という方におすすめしている下剤です。2回目以降の大腸カメラ検査をお考えの患者様が選択肢の一つとして提案する場合があります。

下剤ごとに特徴がありますので、ぜひ医師と一緒に、ご自身にあった下剤を選んでいきましょう。

下剤を飲む「場所」

当院では下剤を飲む場所を「自宅」か「院内」か、選択することができます。自宅と院内でそれぞれのメリット・デメリットがございます。下記に特徴を示していますので、患者様のご都合にあわせて、下剤を飲む場所をご選択ください。

自宅下剤

メリット
  • ご自宅の落ち着いた空間で下剤を服用できる
  • 自宅のトイレを利用できるので羞恥心なく服用できる
  • 時間に融通が利きやすい
  • 自分で便チェックをするため恥ずかしくない
  • 早めに来院する必要がなくなる
  • 院内感染のリスクが減る
注意点
  • ご自身で下剤服用の時間管理を行う必要がある
  • 服用後にクリニックまで移動する必要がある
  • 洗浄が不十分であった場合には、院内で再度下剤を服用する可能性がある

院内下剤

メリット
  • 医師やスタッフの目の届く場所で正しく下剤を服用できる
  • 下剤服用後の移動がないので失禁の心配がない
  • お困りの際にはすぐに医療従事者が対応できる
  • 医療従事者が排便の完了具合を確認できる
  • 下剤の追加投与の際にスムーズな対応ができる
注意点
  • クリニックに早めに来院する必要がある
  • 他の検査患者様と会う可能性がある

院内下剤と自宅下剤にはそれぞれのメリットがあります。患者様ご自身のニーズにあわせた選択が可能です。
ご不明点等ございましたら、医師・スタッフにお聞きください。
丁寧にご説明いたします。

ご予約・お問い合わせ

まちだクリニックまずはお気軽にご相談ください

時間 9:00~12:00/15:00~17:30
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

TEL.098-921-7300
ブログ 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC 医療記事を監修しました