アニサキス症

このような症状に該当する方はアニサキス症の疑いがあります
  • 新鮮な魚介類を食べてから症状が起きている
  • お腹が異常に張っている
  • みぞおち部分に激しい痛みがある
  • お腹が痞えて苦しい
  • 激しい嘔吐や吐き気がある

アニサキス症とは

アニサキス症とは、新鮮な魚介類に寄生しているアニサキスという寄生虫が胃や腸管の粘膜を刺激することで、局所的なアレルギー反応を引き起こしている状態のことを差します。一般的にはアニサキス症は数日で症状が収まるとされていますが、その痛みは激しいものであるため、数日もの間を耐え抜くことは困難です。また、稀に重症化するケースもあるため、医師による診断と治療が必要となります。

アニサキス症の種類

アニサキス症は発症する部位(アニサキスが寄生した部位)によって種類を区分することができます。ほとんどが胃で発症する<胃アニサキス症>ですが、稀に腸管で発症する<腸アニサキス症>の場合もあります。

胃アニサキス症

新鮮な魚介類を食べてから、数時間~十数時間後に吐き気や嘔吐、激しい腹痛といった症状が現れます。症状が現れるタイミングには波があり、一定の間隔で症状を繰り返すのが特徴です。

腸アニサキス症

新鮮な魚介類を食べてから、半日~数日後に吐き気や嘔吐、激しい腹痛といった症状が現れます。悪化した場合には、腸に穴が空く「腸穿孔」や腸管が塞がれてしまう「腸閉塞」といった合併症を引き起こすことがあります。

アニサキス症の検査方法

アニサキス症の検査方法は、消化管内を直接観察できる内視鏡検査が最も適しています。基本的には、アニサキス症は胃で発症することがほとんどであるため、<胃カメラ検査>を行います。

まちだクリニックの内視鏡検査

上述の通り、アニサキス症が疑われた際には内視鏡検査を行います。当院の各種内視鏡検査の詳細については下記をご覧下さい。

当院の胃カメラ検査

当院の大腸カメラ検査

アニサキス症の治療方法

アニサキス症の治療では、検査のために行った内視鏡検査時に、同時にアニサキスを摘出してしまうことが最も効果的です。アニサキスそのものを摘出してしまうことができれば、一般的には症状も速やかに治まります。

アニサキス症の疑いがある方は当院へ

アニサキス症により引き起こされる症状は激しい場合が多いため、その苦痛に耐えることは困難です。新鮮な魚介類を口にした後に症状が起きている場合には、すぐに医療機関を受診し内視鏡検査を受けましょう。 当院では消化器・内視鏡クリニックとして、良質な内視鏡検査を患者様に提供できるよう、日々研鑽を積んでおります。内視鏡検査を受けることを検討されている方は、お気軽に当院までご相談下さい。

ご予約・お問い合わせ

まちだクリニックまずはお気軽にご相談ください

時間 9:00~12:00/14:00~18:00
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

TEL.098-921-7300
ブログ インターネット初診受付インターネット初診受付 WEB問診票 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC 医療記事を監修しました