初めての方へ

紹介をお考えの医療機関様へ

初めての方へ

国立がん研究センターがん対策情報センターの調査によりますと、2016年の胃がん、大腸がんの検査受診率の平均はそれぞれ40.9%と41.4%と約半分を下回る結果でした。

その中でも沖縄県は、大腸がん検査の受診率が特に低いです。

 

がんは、日本人の死因の1位で、二人に一人ががんにかかり、亡くなってしまう計算になります。

 

また、がんの怖いところは、痛くなったり、違和感が出たりと自覚症状が出ることが少ない病気なので早期発見がかなり難しいです。

実際、胃がん、大腸がんになってしまった方にお聞きすると、自覚症状がないから検査を受けなかった、という意見がとても多いです。

このような方に
検査をおすすめします

  • 胸やけがひどい
  • 血便が出る
  • 下痢が続く
  • 便秘
  • 胃が重い
  • 高血圧
  • 吐き気や嘔吐がひどい
  • 食欲がない
  • 風邪
  • おなかが痛い

患者さまへ

胃カメラ、大腸カメラ検査は、病変の早期発見につながります。

長年の知識と経験を活かし、患者さまへの負担をより少なくできるような治療検査を目指しておりますので、まずは一度ご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

まちだクリニックまずはお気軽にご相談ください

時間 9:00~12:00/14:00~18:00
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

TEL.098-921-7300
ブログ 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC 医療記事を監修しました